ホスティングサービス

お問い合わせ 資料請求 お見積もり サイトマップ
  • HOME サービス共用サーバー機能紹介 > POP over SSL

    YSシリーズ:機能紹介

    ■POP over SSL  ( 受信メール暗号化機能 )
    対応プラン : 全プラン

    eメール受信時のデータを暗号化し、第三者から保護します  

    「 POP over SSL (読み: ポップオーバーエスエスエル) 」とは、eメール受信の際に、SSL(Secure Sockets Layer)という方式を用いて暗号化した通信を行なうセキュリティー機能です。Outlook Expressなどのメールソフトと YSシリーズサーバーの間に流れるデータを暗号化します。そのため、インターネット上の悪意を持つ第三者による情報の盗み見を防ぎ、お客様は安全にeメールの受信を行なうことが可能となります。

    オンラインショップやビジネスで、メール利用の信頼性を高めます  

    例えば、オンラインショップ上の申込みフォームやお問い合わせのeメールにお客様の住所や個人情報が含まれる可能性があります。この機能を利用することで、ショップオーナーは個人情報の漏洩の危険性を気にすることなく、安全に情報を受け取ることができます。また、企業サイトの資料請求フォームから寄せられる顧客情報を含んだeメールの内容も保護される訳です。POP over SSLとは、メール本文を暗号化することによって、データをやり取りする際の信頼性を高める機能として有効です。


    popoverSSL

    ■対応メールソフト一覧
    POP over SSLは、メールソフトが対応している場合のみ利用可能ですが、未対応ソフトの場合でも SSL proxy を使用することでPOP over SSL することができます。

    < Windows>

    メールソフト/バージョン 対応状況
    Microsoft Outlook Express 6.0
    Microsoft Outlook Express 5.5
    Microsoft Outlook 2002
    Microsoft Outlook 2000
    Netscape 7.0 (Messenger)
    Netscape 6.2 (Messenger)
    Eudora 5.1J

    <Macintosh>

    メールソフト/バージョン 対応状況
    Microsoft Outlook Express 5.03
    Netscape 7.0 (Messenger)
    Netscape 6.2 (Messenger)
    Eudora 5.1J



    すべての人にインターネット
    関連サービス