ホスティングサービス

お問い合わせ 資料請求 お見積もり サイトマップ
  • HOME サービス共用サーバー機能紹介 > ディスク使用量管理

    YSシリーズ:機能紹介

    ■ディスク使用量管理
    対応プラン : 全プラン

    ブラウザ、メールでディスク使用量の確認が可能です  

    ディスク使用量設定」はディスク使用量を コントロールパネル の画面、またはメール通知により確認することができる機能です。アクセス数の増大やeメールアドレスを利用しているユーザー数の増加など、ディスク容量を圧迫する要因の多くは目に見える形で把握することが難しいと言えますが、YSシリーズでは コントロールパネル 上からグラフ表示による使用量の確認が可能です。

    ディスク使用状況に応じてeメールでの通知が可能です  

    ウェブ・ログ用、メール用のそれぞれの領域の使用量が一定の割合を超えた場合、あらかじめ指定しておいたeメールアドレスに警告メールを送信することが可能です (※1) 。ディスク使用量設定を利用することで、気が付かない間に契約プランの最大ディスク容量を圧迫していた、という状況を避け、ウェブ、メールともに快適な運用を維持することができます。
    ドメイン管理者は、メール用領域が圧迫されている場合 コントロールパネル から各ユーザーの受信済メールを削除することで、メール用領域の使用量を減らすことができ、また、ウェブ・ログ用領域が圧迫されている場合、サーバー上のアクセスログファイルの圧縮設定や、バックアップ〜削除を行うことができます。(※2)

    ※1. ウェブ・ログ用、メール用ともに指定した使用量割合を超えると警告メールを送る設定が可能です。使用量割合は 50〜90% の間で 10% きざみで設定できます。
    警告先のeメールアドレスは、メール・ウェブとも共通で、最大3ヶ所までとなっております。
    ※2. サイト管理者はアクセスログファイルの圧縮設定のみ行えます。


    すべての人にインターネット
    関連サービス