レンタルサーバー

お問い合わせ 資料請求 お見積もり サイトマップ

最新ニュース:@YMCからのお知らせ、お得なサービス情報 ほか

2008年のニュース

最新のニュースはこちら >>  

2008/12/01 サイト支援サービスにて 【 モバイルメールチェッカー 】 の提供を開始

新しく「モバイル関係」のカテゴリが追加され、「モバイルメールチェッカー」のサービスが加わりました。
いつでも、どこでもあなたの携帯電話で、パソコンにきたメールがチェックできます。忙しく働くビジネスマンのためのお役立ちアイテムです。

◆モバイルメールチェッカー
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/site_support/m_checker/index.html

◆サイト支援サービスとは
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/site_support/index.html



2008/11/17 リリース インストール代行サービス Movable Type 4.2 にて、【 プロフィールライセンス 】の提供を開始

マネージドサーバー「インストール代行サービス」において、「Movable Type コミュニティ・ソリューション」を活用するために必要な「プロフィールライセンス」の提供を開始しました。

「Movable Type 4.2」では、新たに「コミュニティ・ソリューション」が追加されておりウェブサイトやブログに加え、お気に入りや掲示板への投稿、ランキング表示などの様々なコンテンツ管理が行えるようになりました。
この、コミュニティ・ソリューションで追加された、コミュニティブログ・掲示板への投稿等をするためには、プロフィールライセンスが必要となります。

@YMCでは、お客様の「コミュニティ・ソリューション」の活用を促進すべく、少人数での利用や、まずは試してみたいというお客様のために、MT4.2に10プロフィールライセンスと1ユーザーアカウントを付けて、容易にご利用いただけるサービス構成・料金でのご提供を開始いたします。

◆「インストール代行サービス」とは

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/install.html

@YMCの「マネージドサーバーサービス」をご利用のお客様に対し、専任の技術者がアプリケーションのインストール作業を代行するサービスです。ブログ・ソフトウェアのみならず、ショッピングサイト、コミュニケーションツール、開発支援ツールなどサイト構築・運営に必要な様々なアプリケーションのインストールを代行いたします。
  更に、MTのインストールをご依頼いただいた場合は、商用利用に必要なライセンス(*1)も併せてご提供するため、ライセンス調達の手間も不要となります。

◆インストール代行サービスでの「Movable Type 4.2」の概要(価格は全て税込)

Movable Type バージョン Movable Type 4.22-ja *1
対象プラン マネージド 10, 20, 40, 2000, 4000
ユーザーアカウント数 1
プロフィールライセンス数 10
初期設定費用 5,250 円 *2
月額利用料金   840 円 / 1ドメイン(基本ドメイン)
1,680 円 / 1ドメイン(基本ドメイン以外)
1ユーザーアカウント追加費用 840 円 / 月 
10プロフィールライセンス追加費用 840 円 / 月 

*1 MySQL 4.1.xが必要になります。
*2 基本ドメイン1サイト目には、初期設定費用はかかりません。


2008/10/20 リリース マネージド/カスタムサーバーにてスペックアップした専用サーバーの提供開始

「マネージドサーバー」と「カスタムサーバー」の両サービスの専用サーバープランを一新し「マネージド2000、マネージド4000」、「カスタム2000、カスタム4000」を提供開始いたします。

Core2Duo の CPU にメモリを 2GBもしくは 4GBを搭載し、ハードディスク(以下「HDD」)は 500GBに大幅スペックアップしました。
また、大容量化したHDDをより効率的に活用していただくため、本専用サーバープランでは初期設定時には、HDDを160GBにてセットアップし、その他の容量をサービス開始後に、お客様の運用状況に応じて領域の拡大・追加に利用できる領域(LVM用領域)として提供いたします。
また、新プランの提供開始にともない、お得なキャンペーンを実施しております。

◆専用サーバー新プランリリース記念キャンペーンについて
URL:http://www.ymc.ne.jp/news/campaign/dedicated.html

■プラン概要
詳しくは

◆マネージドサーバープラン
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/plan/
◆カスタムサーバープラン
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/custom/plan/

プラン名 マネージド2000
カスタム2000
マネージド4000
カスタム4000
HDD容量 500GB ※
CPU Core2Duo
メモリ 2GB 4GB
メモリ増設 プラン変更にて対応
初期設定費用 59,850円 86,100円
月額利用料 27,300円〜 30,450円〜
OS CentOS5/CentOS4
※初期設定は、システム領域 80GB、ユーザー領域 80GB、LVM用領域 300GBにて提供となります。詳しくは、「パーティション割当」のページをご確認ください。

2008/9/16 リリース マネージドサーバーにて、最新バージョン Movable Type 4.2 のインストール代行を開始

マネージドサーバー「インストール代行サービス」において、「Movable Type」の最新バージョン「Movable Type 4.2」を提供開始いたします。

「Movable Type 4.2」では、大幅なパフォーマンス改善等や「コミュニティ・ソリューション」が同梱され、充実したコミュニティ機能が利用できるようになりました。

「コミュニティ・ソリューション」とは、提供される専用のテンプレートセットを使用することで掲示板を作成したり、一般の人々から投稿を募ってブログを作成するなどコミュニティ系の機能のことで、強力な CMS に追加された機能はコミュニティの構築、コンテンツの充実、更新頻度のアップ、リピート率の向上に貢献いたします。登録ユーザーは、各種サービスを同じアカウントで利用することができるので、システム管理の手間も軽減されます。

◆「インストール代行サービス」とは

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/install.html

@YMCの「マネージドサーバーサービス」をご利用のお客様に対し、専任の技術者がアプリケーションのインストール作業を代行するサービスです。ブログ・ソフトウェアのみならず、ショッピングサイト、コミュニケーションツール、開発支援ツールなどサイト構築・運営に必要な様々なアプリケーションのインストールを代行いたします。
  更に、MTのインストールをご依頼いただいた場合は、商用利用に必要なライセンス(*1)も併せてご提供するため、ライセンス調達の手間も不要となります。

*1 「コミュニティ・ソリューション」を活用するためにはMT4.2から新設された「プロフィールライセンス」もしくは追加アカウントが必要となります。

◆「Movable Type 4.2」のインストール(価格は全て税込)

Movable Type バージョン Movable Type 4.21-ja
初期設定費用 5,250 円 ( 1 ドメイン、 1 ユーザーアカウント含む)*2
月額利用料金 *3 840 円 / 月
ユーザーアカウント追加費用 840 円 / 月 
対象プラン マネージド 10, 20, 40, 160W
対応DBデータベース MySQL ( MySQL 以外のデータベース DB には対応しておりません )
追加パッケージ Movable Type の動作に必要なモジュール以外に、オプションとして推奨されるモジュールをインストール済み
「 Movable Type 4.2 」の新機能
  • 大幅なパフォーマンス改善
  • ナビゲーションの見直し
  • テンプレートプレビュー機能の追加
  • テンプレート一覧画面の再設計
  • ダイナミックパブリッシングのアーカイブ、検索結果のページ分割表示
  • シンプルな構成のデフォルトテンプレート
  • システムレベルでのコメントユーザー禁止処理
  • Atom Pub を通したコメントへのアクセスサポート
  • コミュニティ・ソリューションの追加

*2 MySQL 4.1.xが必要になります。
*3 コミュニティ・ソリューション機能を含まない、コマーシャル版のインストールも可能です。 その場合、基本ドメインへの初期設定費用、1アカウントの月額利用料は無料になります。


2008/9/01 リリース マネージド/カスタムサーバーにて専用サーバーのHDD容量を 160GBから320GB に倍増し提供開始

専用サーバーサービスとして提供中の「マネージド160S」、「カスタム160S」をより快適にご利用いただくために、HDD容量を160GBから320GBへ増量し、160Wプランとして提供を開始することになりました。

新プランの提供開始にともない、専用サーバーサービスの運用において、高機能アプリケーションなどを利用される際の処理能力に差が出る「メモリ増設」オプションのキャンペーンを実施いたします。
この「専用サーバーメモリ増設でスペックアップキャンペーン」では、すでに実施しております専用サーバー向け「バーチャルドメインパックリリースキャンペーン」と、「複数台同時申込で利用料がず〜っとお得!利用料割引サービス」を併用いただくことが可能となっております。

◆専用サーバー限定のお得なキャンペーン情報
URL:http://www.ymc.ne.jp/news/campaign/hddup.html

◆マネージドサーバー機能表
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/function/

◆カスタムサーバー機能表
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/custom/function/


2008/7/14 リリース マネージド/カスタムサーバーのOS【CentOS 5】を最新バージョンに変更

2008年7月14日以降に設定されるサーバーから、選択いただけるOSの【CentOS5】バージョンが最新のCentOS 5.2に変更となります。

CentOS 5.2 は、CentOS 5 シリーズのアップデートで、多くのバグ修正や新しい機能性などが加えられています。
CentOS 5とオプション「セキュリティアップデート」をご利用中のお客様は、定期アップデート時に CentOS 5.2 への更新を予定しております。


2008/7/14 リリース マネージド160Sにて「バーチャルドメインパック」のオプションサービスを提供開始

マネージドサーバーでご好評いただいています複数ドメイン運用サービスのバーチャルドメインをパックプランでご利用いただけるオプションサービスです。
初期設定費用や月額利用料金などのコストや手間を抑えた運用ができます。

◆バーチャルドメインパック
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/domainpack.html

◆バーチャルドメイン設定代行
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/virtualdomain.html


2008/7/01 電源設備の法定点検実施について

電気通信事業法に基づき、弊社データセンター収容ビルの電源設備の 法定点検 が行われますので、下記時間帯にサービスを一時停止させていただきます。

対象プランにお申込をいただき7月30日までにサービスを開始されましたお客様も、下記の通りサーバーを停止させていただく事となります。
また、カスタマーWEBサイトの閲覧並びに新規お申込みも下記時間帯はご利用になれません。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

◆法定点検日
2008年7月30日(水)

◆対象プラン
マネージドサーバー、カスタムサーバー

◆停止時間
午前3:00〜午前8:00

◆停止するサービス

プラン Web メール Urchin
(ASP版)
マネージド10/20/40プランの一部
カスタム10/20/40プランの一部※1
停止 停止 停止
マネージドサーバープラン
マネージド80/160/160Sプラン
カスタムサーバープラン
カスタム80/160/160Sプラン
稼動 停止※2 停止
YS-01/YS-02/YS-03/YS-04プラン 稼動 稼動 稼動
YD-カスタムプラン 稼動 稼動 -
上記以外のプラン 停止 停止 停止
※1 カスタマーWEBサイトにて詳細をご確認ください
※2 メールウイルス除去サービスお申込みの場合のみ


◆よくあるお問合せ
Q.停止になるサービスは何ですか?
A.プランによって異なります。詳細は上記「停止するサービス」をご確認ください。

Q.停止中に各ドメイン宛に送信されたメールはどうなりますか?
A.セカンダリのメールサーバーも停止いたしますので、送られてくるメールに
つきましては、下記のどちらかになります。
 ・送信元のメールサーバーにて再送待ちになる。
 ・送信元にエラーメールが返信される。
  (通常、送信元にて再送処理回数が設定されているので、それを超えた場合)

2008/6/18 サイト支援サービスにてECサイト構築「ZenCartパック」の提供を開始

ECサイト構築で好評をいただいていますオープンソースのZenCartをベースに、お客様の目的に合わせた3つのパックと8つの無料テンプレートがセットになった「ZenCartパック」のサービス提供を開始しました。

◆ZenCartパック
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/site_support/zencart/index.html

◆サイト支援サービスとは
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/site_support/index.html


2008/5/21 マネージド/カスタムサーバーでご利用いただけるOSとして
「CentOS 5」の提供を開始


「マネージドサーバー」、「カスタムサーバー」サービスのOSとして 「CentOS 5」の提供を開始いたします。

「CentOS 5」では、標準でインストールされる「PHP 5.1.6、Ruby 1.8.5、MySQL 5.0.22、PostgreSQL 8.1.11」のほか「PHP 5.2.6、PostgreSQL8.3.1」(2008年5月21日現在)など、最新の開発環境も選択可能で、RubyやMySQLについても新しいバージョンのリリース後、動作確認を行ったうえでご提供させていただきますので、最新の技術を活用したWebアプリケーションや開発環境の構築を目的とした運用も可能となっております。
また、Tomcat 5.5にも対応していますので、Javaで作られたWebアプリケーションが動かせるなど、使い勝手と技術を追求したサービスをご提供いたします。
また@YMCでは、プログラム言語やデータベースなどにおいて、旧バージョンのご利用をご検討中のお客様でもお申込みいただけるよう、引き続き「CentOS 4」のサービスもご提供いたします。

◆マネージドサーバー機能表
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/function/index.html

◆カスタムサーバー機能表
URL:http://www.ymc.ne.jp/service/custom/function/index.html

更に、@YMCでは「CentOS 5」の動作確認、検証を実際に行っていただくことができる「15日間無料トライアル」をご用意いたしております。
サービスのご契約前にトライアルサービスをお申し込みいただくことで、動作確認、検証確認終了後インストールで試用した環境をそのまま本契約へと引き継ぐことも可能となります。※1

◆15日間無料トライアル
URL:http://www.ymc.ne.jp/news/campaign/change_s.html

※1 マネージド160S、カスタム160Sを除きます。


2008/5/1 マネージドサーバーのインストール代行「EC-CUBE」の取扱いバージョン「EC-CUBE 2.1.2」を開始

マネージドサーバー「インストール代行サービス」において、「EC-CUBE」の最新バージョン「EC-CUBE 2.1.2」の提供開始いたします。

◆「EC-CUBE」について

EC-CUBEとは、決済機能付き純国産高機能ネットショップ構築/運営アプリケーションです。ユーザーサイドのネットショップ画面と、バックオフィス側の商品、顧客管理、販売管理機能が1つで管理でき、ネットショップに必要な機能が充実しているのが特徴です。管理画面の使いやすさにより初心者でも簡単に運営ができ、豊富な機能を使った本格的なネットショップ運営にも対応しています。

◆「ECパックα」サービスの提供開始

簡単に商品および顧客の管理ができる「EC-CUBE」+「VPS」+「WEB製作」がパックになったECサイト構築サービスの提供を開始しました。

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/site_support/ec/index.html

◆「インストール代行サービス」とは

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/install.html


2008/5/1 マネージドサーバーのインストール代行「WordPress ME」「サイボウズ」のサービス終了について

2008年3月月末にWordPress Japanのウェブサイト閉鎖に伴い、弊社サービスの
『インストール代行』のWordPress ME は2008年4月10日にてサービスを終了させていただきました。
また、同サービスのグループウェア「サイボウズ Office 6 」「サイボウズ デヂエ」「サイボウズ メールワイズ」につきましても、2008年5月1日にてサービス提供を終了させていただきます。


2008/4/10 マネージドサーバーにて、「SoyCMS」「NetCommons」のインストール代行を開始

マネージドサーバー「インストール代行サービス」において、「SoyCMS」「NetCommons」を提供開始いたします。

◆「SoyCMS」について

SoyCMSとは、株式会社日本情報化農業研究所が提供しているオープンソースのCMS(Contents Management System)です。
中小規模のウェブサイト制作プロジェクトの活性化を目的として開発されたもので、コストや知識、操作習得を必要とせずに活用できるようになっています。
SoyCMSは、ページ単位の管理により静的サイト設計そのままにCMS導入が可能となっているほか、新着情報の追加の自動化や、記事埋込による複数ページの一括更新なども可能となっています。
また、テンプレートがほぼHTMLの形式であるためブラウザや各種編集ツールで開くことができ、JavaScriptを多用したサイト、デザイン性の高いサイトの構築も行えます。

◆「NetCommons」について

NetCommonsとは、国立情報学研究所が次世代情報共有基盤システムとして開発したCMS(Contents Management System)とLMS(Learning Management System)とグループウェアを統合したコミュニティウェアのことです。
XOOPSから派生したCMSですが、XOOPSにはない「ルーム」という概念を持ち、各ページの上に複数のモジュールをポートレットとして配置することが可能です。
この「ルーム」の中では、複数のモジュールをバンドルすることが可能となっており、「会員のプライベートルーム」「授業用ルーム」といった仮想空間を実現しています。

◆「インストール代行サービス」とは

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/install.html

@YMCの「マネージドサーバーサービス」をご利用のお客様に対し、@YMCの専任の技術者がアプリケーションのインストール作業を代行するサービスです。ブログ・ソフトウェアのみならず、ショッピングサイト、コミュニケーションツール、グループウェア、開発支援ツールなどサイト構築・運営に必要な様々なアプリケーションのインストールを代行いたします。


2008/3/12 「PostgreSQL」の最新バージョン「PostgreSQL 8.3」を提供開始

マネージドサーバー「インストール代行サービス」において、「PostgreSQL」の最新バージョン「PostgreSQL 8.3」を提供開始いたします。
同時にマネージドサーバーサービス及びカスタムサーバーサービスにおいても新規申込時にPostgreSQL8.3をご選択いただくことが可能になります。

◆「PostgreSQL 8.3」について

PostgreSQLとは高機能なRDBMS (リレーショナルデータベース管理システム)です。
今回のPostgreSQL 8.3 の主な改良点では、パフォーマンスの大幅な向上が挙げられます。
特に注目された「HOT(Heap Only Tuples)」という新しいしくみでは、無駄なインデックスの追加をなくすことによって、テーブルの更新処理の高速化や、インデックス肥大化の防止を実現する事ができます。
また非同期コミットのサポートや、複数セッションで大きなテーブルを同時に順スキャンする場合の高速化、ORDER BYの高速化など、さまざまな面においてパフォーマンスの改善が行われています。
パフォーマンス面以外でも、XML/SQL標準のサポートやデータベースエンジンへの全文検索機能の統合、ENUM型の追加、複合型の配列のサポート、更新可能なカーソルのサポート、インデックスアドバイザのためのインタフェースの追加など、さまざまな変更が加えられています。これによって利用できるSQLの幅が大きく広がった上、管理性も格段に向上しています。

◆「インストール代行サービス」とは

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/install.html

※新規サービスのお申込みではPostgreSQLを『各案内バージョン/インストールな
し』からご選択いただけます。
サービス開始後のバージョン変更を希望される際は、インストール代行サービスの「PostgreSQL」バージョン変更【3,150円】をご利用下さい。
また、動作環境等の関係でインストール代行サービスでは対応できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。


2008/2/14 マネージドサーバーにて、 Movable Type 4.1 のインストール代行を開始

マネージドサーバー「インストール代行サービス」において、「Movable Type」の最新バージョン「Movable Type 4.1」を提供開始いたします。

◆ 「Movable Type 4.1」について

「Movable Type」とは、シックス・アパート社が提供する高い拡張性と強力なカスタマイズ機能を備えた世界標準のブログ・ソフトウェアです。高い表現力に加え、サードパーティーから数多くのプラグインが提供され、簡単な操作で機能追加できる拡張性が評価されています。ビジネスブログ構築ツールとしてだけでなく、コンテンツ管理システム(CMS)として、企業ウェブサイトを包括的に制作・管理することが可能です。

今回、@YMCの「インストール代行サービス」にて提供開始する「Movable Type4.1」は、「Movable Type」の最新バージョンです。「Movable Type 4.1」では、新たな機能として、ブログ記事、ウェブページ、コメント、フォルダ、カテゴリーなどに独自の拡張フィールドを設定できる「カスタムフィールド」などが搭載されました。

@YMCはいち早く最新のOS、アプリケーションのバージョンに対応することで、更なる顧客満足度向上を目指します。

◆「インストール代行サービス」とは

URL:http://www.ymc.ne.jp/service/managed/option/install.html

@YMCの「マネージドサーバーサービス」をご利用のお客様に対し、@YMCの専任の技術者がアプリケーションのインストール作業を代行するサービスです。ブログ・ソフトウェアのみならず、ショッピングサイト、コミュニケーションツール、グループウェア、開発支援ツールなどサイト構築・運営に必要な様々なアプリケーションのインストールを代行いたします。
  更に、「Movable Type」のインストールをご依頼いただいた場合は、商用利用に必要なライセンスも併せてご提供するため、ライセンス調達の手間も不要となります。

◆「Movable Type 4.1」のインストール(価格は全て税込)

Movable Type バージョン Movable Type 4.1-ja
初期設定費用 5,250 円 ( 1 ドメイン、 1 ユーザーアカウント含む)
月額利用料金 840 円 / 月
ユーザーアカウント追加費用 840 円 / 月 (初期設定費用は不要)
対象プラン マネージド 10, 20, 40, 160s
対応DBデータベース MySQL ( MySQL 以外のデータベース DB には対応しておりません )
追加パッケージ Movable Type の動作に必要なモジュール以外に、オプションとして推奨されるモジュールをインストール済み
「 Movable Type 4.1 」の新機能
  • パフォーマンスが改善
  • ブログ記事などの入力項目を拡張する、カスタムフィールド機能搭載
  • 管理画面のインターフェイスが改良
  • 管理している全てのブログで共通利用できるグローバルテンプレート機能搭載
  • 登録ユーザーのプロフィール画像登録・表示機能搭載
  • 情報の編集など、アイテム管理機能が強化
  • テンプレートの導入・入れ替えが簡単になるテンプレートセット機能搭載
  • 編集中のテンプレートで使用している MT タグのリファレンスリンク付リスト表示機能搭載
  • API の強化、ウェブページのサポートや Windows Live Writer などでの投稿に対応
  • リッチテキストエディタがプラガブルに変更
  • ウェブサイト構築に便利な汎用ウェブサイトテンプレートセットが追加

*MySQL 4.1.xが必要になります。
*基本ドメインでは1ユーザーライセンスが無料になります。

過去のニュース[ 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年2008年2005年 ]



キーワードで探す>> 共用サーバー | マネージドサーバー | カスタムサーバー | VPS | 専用サーバー | ホスティングサービス
すべての人にインターネット
関連サービス