レンタルサーバー

お問い合わせ 資料請求 お見積もり サイトマップ

@YMC

シンクイット

仮想化技術「Xen」の活用で信頼できるサービスへとセキュアで将来を見越した環境構築が可能に!

Xen活用ポイントXen導入ポイント
仮想化テクノロジ「Xen」――Xen導入の活用方法とは
一般的に「Xen」の導入目的には、何台もあるサーバを統合したい、いわばコンソリデーションを行い、ハードウェアのコスト削減/業務の一元管理を実現したいというのがあります。この背景には、情報化とともに法整備が進み、これらに対応するためには今まで使われてない新しい技術を必要としていたのです。また、「Xen」はオープンソースであり、今の時代に最も適したソリューションなのです。

しかし、「Xen」の使いどころは本当にコンソリデーションだけなのでしょうか。そうではありません。企業向けホスティングサービスを展開する@YMCでは、「Xen」を使って新しいサービスを展開しています。何故「Xen」を選択し、どのように活用したのでしょうか。

MENU 「Xen」の3つの導入ポイント
セキュリティ意識への高さによるVPSの導入
自由度とパフォーマンス向上の実現
将来を見越した運営をサポート

「Xen」の導入ポイント1 セキュリティ意識への高さによるVPSの導入
「Xen3.0」搭載VPS15日間無料トライアル 仮想化技術の導入を考える場合、先にも記したようにサーバ台数の増加への対処や効率的な運用という点がまず思い浮かぶでしょう。もちろんこれらの項目も重要なポイントですが、一方で複数のユーザがサーバを共用する際のセキュリティ面でもメリットを受けることができるのです。

アット・ワイエムシー社の岩間氏は同社が仮想化技術を導入した経緯についてこのように語っています。

株式会社アット・ワイエムシー 取締役技術支援部長 岩間 和彦氏
株式会社アット・ワイエムシー
取締役技術支援部長
岩間 和彦氏
「以前のネットワークでは共用サーバと専用サーバを設けてサービス提供を行っていました。当時はセキュリティに対してあまり注目されていませんでしたが、インターネットが普及するにつれてセキュリティ意識も高まりSSLの導入を行いました」

SSLを採用したことで通信のセキュリティは確保できましたが、サーバが共用型のためにほかのユーザとの独立性は低く、潜在的な問題を抱えた状態だったといいます。この問題に対処するために、@YMCは2003年6月にjail系のVPSを使った仮想化の導入を行いました。

岩間氏も語っているように、これは専用サーバの代替というよりはSSLを安全に利用してもらうことを目的としたもので、root権限は開放しない状態なのです。あくまでもほかのユーザとの独立性を保った共用サーバを目指したのです。

TOPに戻る
「Xen」の導入ポイント2 自由度とパフォーマンス向上の実現
導入前のコンサルティング〜不安や疑問をスッキリ解決 @YMCでは、リソースの割り当てを柔軟に行えるという点を評価し、VPSを導入した当初はjail系のシステムを採用していました。しかし実際に運用を開始すると、ユーザごとの負荷による影響が発生するようになったといいます。

特にあるユーザが負荷の高い処理をしている場合、同じサーバを利用しているユーザの動作が不安定になってしまうとのことです。設定で回避できる部分もあったものの、最終的に運用管理のコストの増加につながったため、仮想化技術の切り替えが検討され「Xen」が採用されることになりました。

岩間氏はXenを選択したことについて次のように述べています。

「Xenは各仮想マシンに対してリソースを割り振るため、jail系のような柔軟な設定は行えず集約率は低くなってしまいました。しかしほかの仮想マシンとの独立性が高く、ほかのユーザの影響を受けにいというメリットがあります。もともと自社でオープンソースをベースとしたサービス開発を行ってきたことと、運用・管理コストの低減も期待できることからjail系からXenへの切り替えを行うことを決定しました」

「Xen」の導入によって、従来のjail系では対応できなかったDisk QuotaなどOS寄りの機能設定が可能になり、専用サーバに近い環境を提供できるようになったともいいます。


パフォーマンスに影響があったのかと伺うと、岩間氏は次のように語っています。「Xen」の導入にあわせてサーバースペックも同時に変更されたため、単純な比較できないものの、高負荷のユーザがいた場合でもほかのユーザへの影響は少なくなり従来のサービスよりも明らかな改善があったようです。

「Xenはjail系のようにメモリの動的配分を行わないため、1ユーザの一時的な過負荷に対してはメモリ不足に陥ることもあります。しかしほかのユーザへの影響が少なく、該当ユーザのみの問題として対応可能です。提供されているメモリの範囲内で利用する限りにおいてはほかのユーザの影響を受けず、一定水準のパフォーマンスを得られるというメリットは非常に大きいと考えています。

実際にサービスを開始して10ヶ月が経過していますが、高負荷のユーザの影響による他のユーザのレスポンス低下や障害は発生していません。運用管理に使われていた時間を新規サービスや品質改善に利用できるため、ユーザはもちろん運用スタッフにとっても満足のいく内容になっていると考えています。」

TOPに戻る
「Xen」の導入ポイント3 将来を見越した運営をサポート
マネージドサーバー おすすめNo1 面倒なサーバ管理・運用を@YMCにまるごとお任せ! @YMCはjail系から「Xen」に移行したものの、基本的なサービス内容は従来と比べて大きく変わっていません。しかし、サーバ上で利用可能なリソースが明確になったことで「現実的に運用できるサービス」に対してある程度の見積もりが立てられるようになっています。

カスタムサーバー root権限で自由にカスタマイズ パワーユーザも大満足 jail系のVPSの場合、ユーザの利用方法によっては最終的に活用できるリソースの上限が左右されてしまいます。インストール代行サービスのたとえでは、ほかのユーザとの関係から利用可能なリソースがはっきりせず、申し込み時の見積もりが行えないこともあります。しかし「Xen」を導入した@YMCでは、利用可能なリソースがあらかじめ決まっているために事前にユーザと相談・協議が可能で、見積もりが行えます。

この点について岩間氏は次のように語っています。

株式会社アット・ワイエムシー 取締役技術支援部長 岩間 和彦氏 「最近の専用サーバサービスの低価格化を考えると、高スペックのVPSはコスト面で不利な面もあります。一方、共用サーバ利用時のセキュリティリスクに関する不安の声も聞こえるようになってきました。このようなことから現在は専用サーバのリプレース以外の用途を積極的に提案していきたいと考えています。例えば、弊社が提供するマネージドサーバープランは専門的な知識がなくてもVPSが利用できるものです。豊富なインストール代行サービスや運用のアウトソースも可能となっています。」

@YMCではこのほかにも、サブドメインによってアプリケーションごとに個別の仮想サーバを運用することも考えています。セキュリティホールや過負荷時でもサービス全体に影響せず、安定した運用が行えるとのことです。その上、このような場合でも高スペックなハードウェアを必要とせず、運用コストの削減につなげています。

低価格化の進む専用サーバサービスに対して、@YMCでは「Xen」を武器として、セキュリティ、ハードウェアリソース、運用方法までを含めた提案を行い、競争力を持つVPSサービスを提供していく心がみえます。

@YMCの「Xen」搭載VPS 15日間無料トライアル実施中!

TOPに戻る INDEXへ戻る


提供:株式会社 アット・ワイエムシー
企画:シンクイット  企画営業部
制作:シンクイット  編集局・制作進行部
掲載内容有効期限:2007年3月9日

@YMCの「Xen」搭載VPS 15日間無料トライアル実施中!
VPSの新潮流!「Xen」が導く企業ホスティング
システム統合、無駄のないリソース活用、運用の効率化を実現する技術が「仮想化テクノロジ」です。その中でも注目が高いオープンソースが「Xen」です。
Xenって何?
企業を導くホスティングサービス
高セキュリティ
メモリの動的配分を行わないため、一定水準のパフォーマンスを保障!

専用サーバ並の自由度
root権限を使えるため、すべて自分で設定可能!

オープンソースによるコスト削減
オープンソース「Xen」だからこそ、高セキュリティ、専用サーバ並みの自由度でも低コスト!
無料体験はこちら
@YMCのXenを活かすサービス
Xenで安定したサーバ運営
独自SSLが無料!
安心のバックアップサービス!
ドメイン取得費が無料!
最短当日利用が可能!
メールウィルス除去が無料!
IPアドレスが3個取得可能!
人気のブログをサポート!
転送量が無制限!
30日間返金保障!
資料請求
お問い合わせ
お見積もり
お申し込み
@YMC
@YMCは、GMOホスティング&セキュリティのグループ企業です。

キーワードで探す>> 共用サーバー | マネージドサーバー | カスタムサーバー | VPS | 専用サーバー | ホスティングサービス
すべての人にインターネット
関連サービス